【 人生の漆塗り日記 】 0096号:新しいことを見つける能力

【 人生の漆塗り日記 】
0096号:新しいことを見つける能力
2017/08/07

このメルマガは田辺領平と、
お会いさせていただいた方、

お名刺を交換させていただいた方などを、
登録させていただいてます。

もちろん、
一般の読者様のご登録も大歓迎です。
ご紹介いただければ幸いです。

購読解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0001679391.html

ーーーーーーーーーーーーー

発行人:田辺領平が日常の生活や、
不動産投資ならびに、FXトレード、
など日常生活の中で、

日々刻々と起こる出来事、
または自分自身の心の状態、
周囲の人々の行動の考察などを

日々時々刻々とつづっていくものです。
その中から、読者様の日常が
充実、より良いものへなっていく、

ちょっとしたお手伝いができればと思います。
それでは宜しくお願い致します。
ーーーーーーーーーーーーー

一つのことに集中して
長く継続することは、
基本的には良いこととされております。

 

職人的な仕事であれば、
豊かな経験が生む技術になります。

 

スポーツであれば、

こちらもやはり豊かな経験から生まれる、
直感的動作というのも可能になります。

 

トレードでも同じチャートを見ていても、
気がつくことの差が多くなってきたりし、
場合によっては不要なトレードをせずにすみます。

 

と、長く続けることはいいこと。
銀行融資でも、
勤続年数が長いほうが断然有利ですからね。

 

一方で、長く続けることによる、
マンネリ化というのもあります。

 

年をとると、「初めて」のことが減ってきます。
すると脳に刺激が減ってくるのです。

 

ネガティブな印象の有る
「飽きやすい」
も見方を変えると、

 

「新しいものを発掘する能力」

 

でもあるのです。
新たな視点が、あらなた気づきを生む場合も、
往々にして有るわけです。

 

多くの気付きは、

「!」や、「?」であったり、「笑」
から得られるものです。

 

マンネリの中にこれらは見当たりません。
ですから、同じことをやっていても、
思考的には新しい試みで

解釈を挑戦してみたりと、
常に変化を望んでいるわけです。

 

思考のマンネリは、
心の曇りです。

 

毎日、毎週でも、
さらには毎月でもいいので、
一つ新しい考え方や、行動をしてみましょう。

ーーーーーーーーーーーーー
 ◯ 本日の仕上げ塗り ◯

・思考の曇は、心の曇りである

 

・思考の曇は、マンネリから生まれる

 

・飽きやすいことは、

 新しいことを見つける能力でもある

ーーーーーーーーーーーーー
【 人生の漆塗り日記 】
発行責任者:田辺領平
https://arlosite.wordpress.com/
問合せ:tanabe@gproperty.global

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001679391.htm

広告